COLUMN
コラーゲン・たんぱく質・ケラチン・・・美容室で耳にする《聞けないけど本当は何か分からない単語の意味は??》

コラーゲン・たんぱく質・ケラチン・・・美容室で耳にする《聞けないけど本当は何か分からない単語の意味は??》

美容室で「これはコラーゲンが入っていて~」「髪の毛のたんぱく質が~」など耳にする事は多いと思います。

言葉は知っているけど、実際どんなものなのか分からないこと多いですよね??

今回は、その中でもよく使われる単語の意味をお教えしたいと思います♪

2018年04月10日 更新

●たんぱく質●

●たんぱく質●

そもそも髪の毛は”たんぱく質”で出来ています。

”たんぱく質”の種類は約10種類ほどありますが、髪の毛は《ケラチンタンパク》というものでほとんど出来ています!!


過度なダイエットや偏食によってタンパク質が減ると髪にも影響が出てきます。

また、タンパク質は熱を加えると硬くなる性質があるので、アイロンなどの熱処理で髪の毛が硬くなってしまいます。

●アミノ酸●

●アミノ酸●

先ほどご説明した”ケラチンタンパク質”は、18種類の《アミノ酸》が結合されて出来たものなのです。

アミノ酸の中でも”シスチン”は、髪の毛の中にあればあるほど丈夫な髪になります。強度・弾力もシスチンの量で変わってきます。

アミノ酸を摂取することで、タンパク質が補えて健康で綺麗な髪が生えてきます。

●ケラチン●

●ケラチン●

先ほどから出てくる”ケラチン”がなくなってしまうと
・髪が細くなり、弱くなる
・ツヤがなくなる
・髪の成長が遅くなる
・ハリコシがなくなる

などが起こります。

年齢を重ねるたびにハリコシ・ツヤなど無くなってきてしまいます。

ケラチンは育毛効果などはありませんが、健康な髪を生やしてくれるので、抜け毛防止にもつながります!

BRY…ケラブロー ¥3600(税抜)
→洗い流さないトリートメントではなく髪の化粧水です。減ってしまったケラチンを補ってくれて、ハリコシツヤを蘇らせてくれます

●CMC●

●CMC●

外の刺激から毛髪を守り、コンディションを維持するのに大切と言われています。

キューティクル同士をくっつけたり、髪の中の成分を流出を防ぐ役割を果たします。

髪が痛んでくるとCMCが減少し、キューティクルが剥がれやすくなったり、髪の内部がさまざまな影響をダイレクトに受けるようになり、結果としてダメージが進行してしまいます。


SHERPA fixgum ¥2200(税抜)
→主力成分のCMCを補給してカラーやパーマなどの過剰な作用を抑えてくれます。
普通のトリートメントとは違い、シャンプーの前に使用するとカラーのモチもアップします!

●ヘマチン●

●ヘマチン●

ヘマチンは髪の成分を作り痛んだ髪を補修してくれる効果があります。

老化や抜け毛などを予防してくれ白髪予防にもなります。

カラーパーマ後の残留アルカリを除去してくれる効果や、紫外線を吸収して髪に残らないようにしてくれる効果もあり、たくさんの効果が期待できます!!


Amatra syynchro ¥2800(税別)
→フルボ酸×ヘマチンで髪を補修しながら、抜け毛・白髪予防にも効果があります。
ハリコシツヤをだしながら、ギシギシにならず手触りはサラサラに!
寝癖直しにもオススメです♪

まだまだありますが・・・

まだまだありますが・・・

成分や効果の話などは、まだまだたくさんありますが

大切な成分は、対外・体内から吸収していかないと減少してしまいます。

健康で綺麗な髪の毛を保つためには、お店でのトリートメント、お家でのサプリメント・食事などが大切になってきます!

自分が使っているシャンプーはどういった成分が入っているかなど調べてみると、髪のことが分かるかもしれません♪

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
【2018】春夏流行るカラーはハイライト、バレイヤージュ、グラデーション
 
今、1番オススメのトリートメントをご紹介します!
 
[大人の男性のためのスタイリング剤]アリミノmenシリーズ、ここに誕生!!
 
カラー・パーマ施術後、美容室で《トリートメントする必要あるの?ないの?》
 
大人気のボブパーマ☆マンネリ化を防ぐボブスタイルはこれ☆