COLUMN
白髪になる原因を知って若々しい髪を作ろう♪

白髪になる原因を知って若々しい髪を作ろう♪

こんにちは!Ash宮前平店の鈴木です。

今回は誰しもが悩む白髪にフォーカスして、白髪の原因を知ってその対策をしていく事で、若々しさをより長く保つ秘訣をお伝えしていこうと思います。

2022年08月28日 更新

白髪の原因は大きく分けて3つ

白髪の原因は大きく分けて3つあります。

⑴遺伝的要因
⑵加齢によるもの
⑶ストレス

ほとんどの方がご存知のように、髪の毛は遺伝によって大きく左右されます。
親や祖父母が白髪が多い場合ほとんど確率で白髪が生えてきます。

2つ目の原因とも重なりますが早い人では10代から白髪が生え始め、40代〜60代になるとその量は増えてきます。これは髪の毛の色を決めるメラニンという色素を作るメラノサイトと呼ばれる細胞の働きが衰え、メラニン色素を作れなくなるために起こる現象です。

また、ストレスによる白髪の発生は精神的ストレスだけでなく、物理的ストレスや化学的ストレスによって生じる場合もあります。
過度な力が加わった場合や、繰り返しのカラーやパーマなどで頭皮に負担が掛かると、細胞の働きが弱くなり白髪を発生させる原因にもなりますので注意が必要です。

今からできる対策を心がけましょう

白髪の原因の中で防ぐことのできる点としては、ストレスによる白髪の発生を減らすことが考えられます。

その中でも早急に改善できる点としては【熱】と【紫外線】から髪の毛や頭皮を守るということです。

毎日のドライヤーやアイロンはかなりの高熱を利用しています。
そのため、タンパク質で形成されている髪の毛や頭皮にとっては負担にしかなりません。

ドライヤーの吹き出し口から出る温風の温度は100度〜120度にまで達します。乾かす際は始めに弱い風で丁寧に地肌を乾かしていき一部分に熱が当たらないように注意しながら乾かすことをお勧めします。

また、紫外線はメラノサイト(メラニンを作る細胞)を破壊するだけでなく肌機能の低下を引き起こします。
これによって肌のターンオーバーが正常に行われず古い角質が固まり乾燥しやすくなり、白髪やフケの原因に繋がってきます。

紫外線対策としては、髪の毛や頭皮に使える日焼け止めスプレーやUVケアのできるシャンプーなどがお勧めです。
もちろん日傘や帽子を被るのも効果的です。

絶対にやってはいけない!?普段のお手入れで白髪になっちゃうかも…

綺麗な髪を保つ為には毎日のお手入れは欠かせません。

自分ではちゃんとやっているつもりでも、実は間違ったやり方をしている可能性があります。

まずは、正しいお手入れ方法を学びましょう!


⑴シャンプーは優しく洗おう!
日本人のほとんどは毎日シャンプーをすると思います。
しかし、しっかり汚れを落としたいからといって力いっぱい洗っていませんか?

力いっぱい洗うと必要以上に角質や油分を削り取ってしまい傷ついたり乾燥の原因になったりします。

シャンプーは指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう♪



⑵まずは地肌をしっかり乾かして!
シャンプーした後のドライヤーも大切です。

面倒くさいからといって自然乾燥してしまうと、キューティクルが開いたままになりせっかく入れたトリートメント成分が抜け出してしまいます。

また、頭皮も濡れた状態が続くことによって細菌が繁殖し、匂いの原因や皮膚トラブルの原因になります。更に積み重なると白髪の原因にもなるので要注意!



⑶無理矢理梳かさないで!
髪の毛を梳かす時引っかかっていても無理矢理クシを通したりしていませんか?

無理に引っ張ってしまうと抜け毛や切れ毛の原因になるのでやめましょう。

そういう場合は、一旦ヘアオイルなど滑りが良くなるアウトバストリートメントをつけてから優しく解いてください。

まとめ

男女問わず白髪は悩みの種になっています。

自然に元に戻る!なんて夢のような話があったらいいですよね♪

でも実際はカラーやマニキュアなどで染めて綺麗に見せるしか方法がありません。

なので、少しでも白髪の数を減らして若々しく綺麗な状態を長く保てるように、まずは白髪の原因を知り毎日のケアで予防していきましょう!


より詳しく知りたい方はぜひ一度ご来店ください♪

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
【解説!】シャンプーとトリートメント買うならどっち??
 
【完結版】メンズカット総集編
 
【乾燥対策】冬の髪の毛の乾燥の原因と対策
 
【徹底解説!】レイヤーカットって?
 
【美容師が解説‼】オージュアとは?