COLUMN
美容室でカラーしたのにすぐに褪色してしまう理由は残留アルカリかも。

美容室でカラーしたのにすぐに褪色してしまう理由は残留アルカリかも。

「カラーやパーマをした髪がパサついてツヤがない」
「気に入った髪色がすぐに褪色してしまう」
「カラーやパーマの後の残る臭いが気になる」

そんな経験はみなさんにありますか?
その原因は【残留アルカリ】が原因かも・・・

2017年08月25日 更新

そもそも残留アルカリって何?

そもそも残留アルカリって何?

カラー剤やパーマ液にはほとんどがアルカリ剤という成分が入っています。
それは色を発色させたり髪の形状を変えるのに必要不可欠な成分。
(アルカリを使用していない製品もあります)

このアルカリ剤が髪の内部に残ってしまうことを残留アルカリと言います。
この残留アルカリは通常シャンプーやトリートメントでは完全に取り除くことは出来ません。

残留アルカリが残ってるとどうなるの?

そもそも髪の毛は弱酸性の状態が一番安定している状態。
残留アルカリが残っているともちろん髪の内部はアルカリに偏りがち。
そのままの状態だとキューティクルが開いたままの状態になってしまい、
栄養分であるタンパク質が逃げてしまったり、色素が流れ出てしまったり、
髪がパサパサしてツヤがなくなってしまいます。

残留アルカリを取り除いて弱酸性の髪に導いてあげましょう

残留アルカリを取り除いて弱酸性の髪に導いてあげましょう

そこでオススメなのがバッファー剤と言われるアルカリ除去剤。
カラーやパーマの後にシャンプー台で付けるだけで髪の毛を健康な弱酸性な状態に近付けてくれます。
そうすることによりキューティクルを穏やかに閉じ、カラーの色素の流失を防いで、カラーやパーマ後のダメージ進行を解決してくれますよ。

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
ブリーチなしでも透明感を手に入れるならイルミナカラーがオススメ☆
 
縮毛矯正を失敗しないために知っておきたいポイント☆
 
イルミナカラーが大人気な秘密はここにある・・・!!
 
白髪染めにこそイルミナカラー⁉️