COLUMN
必見!失敗しない縮毛矯正の選び方

必見!失敗しない縮毛矯正の選び方

日本人の7割以上の方がくせ毛と言われています。
それだけお悩みの方も多く縮毛矯正をされる方も増えてきました。
これから縮毛矯正を考えてる方、いつもかける方、迷っている方に是非見て頂きたいと思います!

2021年07月14日 更新

縮毛矯正に対するイメージ

皆さんが持つ縮毛矯正に対するイメージは何でしょうか?

□髪が傷んでしまう
□真っ直ぐなりすぎる
□ヘアカラーが落ちてしまう
□美容師に断られた、失敗された…

など悪いイメージがある一方で、

□髪が凄くまとまった!
□サラサラでツヤが出た!
□自分の髪じゃないみたい!

などの良いイメージを持つ人もいます。

これ正直なところ、どちらも間違っていません。
縮毛矯正はそれだけデリケートで難しい施術なんです。

今の自分の髪の状態を知る事が大事

今の自分の髪の状態を知る事が大事

髪質やクセの出方は『十人十色』

お悩みもお仕上がりのイメージも人それぞれ違ってきます。
それぞれのお悩みに対して薬剤や施術の仕方も変わってきます。
一度美容師に自分がどんな髪質でクセのタイプか相談してみて下さい。
きっと最適な方法を提案してくれます!

どういう施術が行われるか

髪はいくつものタンパク質からできています。
縮毛矯正は、
そのタンパク質の結合を綺麗に整えてあげる施術です。

例えるなら、
しわしわのシャツのボタンが一つかけ違っている状態であるとします。

それを、
薬剤を使ってボタンをはずし、
正しいボタンの位置に戻し、
アイロンでしわを伸ばして、
最後に洗濯のりで固定するといった感じでしょうか。

ここに使う薬剤やアイロンテクニックで仕上がりが変わってきます。

多様な縮毛矯正から自分に合った薬剤選定してもらう

多様な縮毛矯正から自分に合った薬剤選定してもらう

最近では、縮毛矯正の薬剤もメーカーの研究のおかげで日々進化しています。
酸性ストレートや髪質改善など目にすることも多いと思います。

自分にどの縮毛矯正が適しているかざっくりと紹介します。

【縮毛矯正】
□うねりの強いクセ
□髪が硬い
□カラーやパーマをしていない
□ピンとした真っ直ぐにしたい
□ボリュームをしっかりおさえたい
↑こちらの方がオススメ!

縮毛矯正は薬剤の強さを調整できるのでカラー、パーマしてる方でももちろん大丈夫です。
ダメージをよりおさえたい、自然な仕上がりにしたいという方は当店のプレミアム縮毛矯正をお勧めします。

【酸性縮毛矯正】
□クセがそこまで強くない方
□ハイダメージな髪
□柔らかい仕上がりにしたい
↑こちらの方がオススメ!

強いクセの方や髪が硬い方にはあまりオススメできません。ただ薬剤を塗り分けることで調整できますのでご相談下さい。
縮毛矯正の中でも難しい施術になるのでベテラン美容師
や酸性縮毛矯正になれている美容師さんに相談すると失敗も少ないと思います。

【髪質改善、酸熱トリートメント】
▢手触りや質感、髪のまとまりを求める方
□ほわっとした毛を抑えたい
□縮毛矯正のようなペッタリ感は出したくない方
↑こちらの方がオススメ!

縮毛矯正ではないのでクセは伸びませんがある程度はクセもおさまります。髪がまとまりやすくなり60日~90日持続します。

まとめ

まとめ

縮毛矯正はこの20年間で劇的な進化をしてきました。

それに伴い僕たち美容師は勉強し研究をし技術を磨いています。
僕も美容師になってからおよそ3000人の縮毛矯正のお客様を担当させて頂いてきました。
その経験と知識と技術でご期待にお応えしたいと思います。
ぜひ縮毛矯正をお任せ下さい!

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
梅雨入る前に見て!縮毛矯正の髪質別B&A♪
 
縮毛矯正しようか迷っている人必見!『髪質別カタログ』
 
毎夏に大人気プレミアムサマーシリーズが今年も発売!
 
OLAPLEX -願いを叶える、一滴のキセキ。−
 
ヘアケア最高峰【ReFa】シリーズ!!