COLUMN
【硬水と軟水】髪の毛に対する影響の違い

【硬水と軟水】髪の毛に対する影響の違い

日本の水は『軟水』ですがヨーロッパなどの諸外国は『硬水』を使われる事がほとんどです。

『軟水』と『硬水』の違いと髪の毛に与える影響をまとめました。
ご参考になれば幸いです。

2017年07月16日 更新

そもそも『軟水』『硬水』の違いは何⁉️

そもそも『軟水』『硬水』の違いは何⁉️

軟水と硬水何が違うのか?

それは髪の毛の【硬度】の違いです。
この硬度とは水1ℓに対してのカルシウムとマグネシウムの量です。

硬水はカルシウムとマグネシウムの量が多い事です。

髪の毛に対する影響は❓

髪の毛に対する影響は❓

日本の水は飲み水からシャワー、ミネラルウオーターまで軟水で作られています。
日本人は軟水での髪に対する影響などは生活の一部になっていますので何も感じないと思います。

ヨーロッパなどで髪の毛をシャンプーした時にゴワつく事ってありませんか?
これは硬水に多く含まれるカルシウムとマグネシウムが髪のたんぱく質に付着してゴワついたりきしんだりします。

また、日本でのシャンプー剤は軟水用に作られてる為にシャンプーしてもゴワつきがとれない事が多いです。

硬水に対しての対処法☆

硬水に対しての対処法☆

ではヨーロッパなど諸外国に行った時に硬水に対してどう対処するか?

まず1つは現地にある(日本でも扱ってる)シャンプーを使うです。
その地域に合わせてシャンプー剤が作られていますので旅行先の場所で販売されてるシャンプーは良いと思います。

そして2つめはミネラルウオーターを持参していく。日本でのミネラルウオーターであれば軟水の為に髪の毛はゴワつきません。
その時はシャンプーご持参なのをお忘れなく。

海外に行っても大切なく髪の毛ですからしっかりケアしたいですね。

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
完全保存版!!白髪率でオススメ!ブリーチデザインカラー特集!
 
知らないと恥ずかしい?!ハイライトとバレイヤージュ の違い
 
今、トレンドのカラーって何?!話題のシャドウルーツ解説
 
店長・プロデューサー 岩田のショートカットのこだわりポイント解説
 
ブリーチなし!通年人気のピンクカラーシリーズ◎春にオススメデザイン5選