COLUMN
縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正とストレートパーマの違い

お客様からのQ&Aコラムです。

梅雨時期〜夏にかけて特に気になってくる【クセのお悩み】
真っ直ぐストレートにしたい‼️って思った時にどっちを選ぶか❓また違いは何か❓

縮毛矯正とストレートパーマの違いをまとめました。

2017年07月12日 更新

縮毛矯正とストレートパーマの原理について

縮毛矯正とストレートパーマの原理について

そもそもの原理として縮毛矯正もストレートパーマも同じであり工程が少し違うだけです。

1剤・・・髪の毛内部の結合を切り離します
2剤・・・切り離した結合を7.8割程くっつけます

これがストレートパーマの原理でありウェーブをつけるパーマも原理は一緒です。

縮毛矯正はこの1剤と2剤の間にアイロンを通して面を整えます。
簡単に言うとアイロンを通すのが縮毛矯正、通さないのをストレートパーマです。

洋服のアイロンがけと同じ

洋服のアイロンがけと同じ

原理と工程は上記の通りであり仕上がりの違いはどうなのか?
これは洋服のアイロンがけの仕上がりと同じような感じです。
ヨレヨレのYシャツがあるとします。
洗濯して日干しした状態(アイロンをかけない)だとYシャツのヨレはとれますがシャツの面は整いません。
ここにアイロンを通すと面も整い真っ直ぐピシッとしますよね。
縮毛矯正とストレートパーマも一緒でアイロンを通せば【面が整い真っ直ぐ】になります。
逆にアイロンを通さないストレートパーマ【うねりはそのままボリュームは落ちる】だけです。

仕上がりのもち

仕上がりのもち

仕上がりのもちに関してはどうなのか?
縮毛矯正に関してはかけた部分は半永久的に持ちます。
ストレートパーマに関して大体2、3ヶ月くらいです。
クセのうねりはとれずにボリュームだけを落とすので正直強いうねりのクセがある方は縮毛矯正をオススメします。
僕個人の考えですがストレートパーマでは効かないクセ・うねりの方は縮毛矯正。
ボリュームだけを落とす場合だとカットだけでも対応が聞く場合がありますのでまずは1度ご相談して下さいね。

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
完全保存版!!白髪率でオススメ!ブリーチデザインカラー特集!
 
知らないと恥ずかしい?!ハイライトとバレイヤージュ の違い
 
今、トレンドのカラーって何?!話題のシャドウルーツ解説
 
店長・プロデューサー 岩田のショートカットのこだわりポイント解説
 
ブリーチなし!通年人気のピンクカラーシリーズ◎春にオススメデザイン5選