COLUMN
縮毛矯正のダメージ、どのぐらい?

縮毛矯正のダメージ、どのぐらい?

サラサラな髪の毛に憧れる!そんな方は多いのではないでしょうか?  そんな癖毛の人にとって強い味方である縮毛矯正! しかしながらダメージも大きいのです・・・

なので縮毛矯正の実際のダメージがあるか、
ダメージを抑えるためにはどうすればいいのか紹介いたします!

2021年04月08日 更新

縮毛矯正のダメージは どのぐらい?

縮毛矯正のダメージは どのぐらい?

縮毛矯正をかけるとサラサラな美髪へなれます。しかしながら縮毛矯正ダメージは、カラーやパーマ、アイロンよりも痛みます。。。

※カラーでもブリーチは別物です。
※一定時間毎日ずっとアイロンを当てていたら、1度の縮毛矯正のダメージの方が小さいです。
アイロンのやり方にもよります。

そもそも縮毛矯正はなぜ痛む・・・?

そもそも縮毛矯正はなぜ痛む・・・?

簡単に悦明しましょう!

まず髪の毛の形を変えるため元の形を壊す強い薬剤を使っていきます!
その薬剤が1つ目の痛む原因です。


その強い薬の設定によって髪の毛が硬くなったり、ダメージレベルが左右されるのです。

そして、ストレートアイロン。
縮毛矯正ではアイロンで焼き固めます。
そのため、「たんぱく変性」を起こし髪のダメージの原因となるのです。

縮毛矯正のメリット!

縮毛矯正のメリット!

メリットはサラサラストレートが手に入る!

毎朝のスタイリングが簡単になり、寝ぐせもつきずらく、ドライヤーで乾かしただけでまっすぐな湿気にも負けないストレートヘアへなることができます。

縮毛矯正やカラーのダメージ改善の方法は?

縮毛矯正やカラーのダメージ改善の方法は?

それは。。。
「日々のヘアケア」

お風呂上りにのドライヤーをして、完全に乾かすこと。

アイロンを必要以上にあてないこと。

少しの意識で日々のダメージは改善できます!


それ以外にも、サロンでトリートメントをして栄養を補給したり、髪に熱を入れる際は、ヘアオイルを使うのもおすすめです。

最後に!

最後に!

縮毛矯正は髪をダメージさせてしまいますが、日々の髪へのダメージケア意識をすることでダメージケアを軽減し、縮毛矯正によりサラサラキラキラな毎朝のスタイリングも楽になる髪質にしてくれます!

春が来てこれから湿気の時期になるのでうねりが気になり始めると思います。

そんな時は、ぜひ、Ash菊名店へ!
ご来店お待ちしております。

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
『上杉オススメ』これからの季節に映える夏カラー
 
再生!?復元!?!?最新ヘアケア、テラヘルツ機能水【煌水(キラスイ)】
 
『トリートメント』~手触りと質感、艶感の向上に~
 
新型コロナウイルス、および感染症に対して不安なお客様へ
 
スッキリ爽快!正しいシャンプーの仕方!