COLUMN
第一印象は髪型が大事!就活に失敗しない【メンズヘアスタイル】

第一印象は髪型が大事!就活に失敗しない【メンズヘアスタイル】

就活中、初対面の面接官に好印象を持ってもらうためにはどうすればいいでしょうか?

実は人間は、無意識のうちに外見的特徴から判断しようとする傾向にあるそうです。
そんな中で数分の面接中に、初対面の人に自分をアピールするのはかなり難しいし、「見た目で判断されるなんて理不尽だ」と感じる方も少なくないかもしれません。
しかし、限られた時間の中で自分を最大限に売り込む必要がある就活では、見た目の印象をよくすることがおすすめです。

今回は、外見の印象を決定づける大きな要素である「ヘアスタイル」について紹介します。

2021年02月15日 更新

就活中のメンズヘアスタイルのポイント

就活中のメンズヘアスタイルのポイント

就活中の男性におすすめの髪型は、次の3つのポイントを押さえておく必要があります。

ポイント① 軽く、おでこと耳周りを出す。
ポイント② ナチュラルな黒髪
ポイント③ ワックスなどのスタイリング剤で清潔感を出す
ポイント④ 襟足はスーツの襟にかからないくらい

1つずつポイントを解説していきます。

ポイント① 短く、おでこと耳周りを出す

ポイント① 短く、おでこと耳周りを出す

短く、おでこと耳周りを出すと、一般的に清潔感やさわやかさを与えてくれます。
耳周りがすっきりしていいると顔の輪郭がはっきり見え、表情が豊かにしっかり伝わります。
また、もみ上げの長さは耳たぶより短いのがベストです。
耳より長い毛は、就活には不向きです。
また、おでこを出すと快活できびきびした印象を与えます。
ですが短ければいいという問題でもありません。
同じくらいの長さでも、微妙な前髪の長さの違いだったり、セットの仕方で見え方は大きく変わります。
きちんとセットされた、短めの髪の毛だと、
面接官からは「社会人として働くための準備ができている」と思われ、好印象を与えることができるのです。

ポイント② ナチュラルな黒髪

ポイント② ナチュラルな黒髪

就活中は、ナチュラルな黒髪がおすすめというよりカラーリング自体がNGな企業もまだ多いようです。
もちろん地毛が、もともと明るい場合は無理に染める必要はありませんが、おしゃれのために染めた髪は元に戻すのが理想的です。
業種によっては、派手な髪色は基本的には社会人としてはふさわしくないと判断される場合が多いです。
なので、就活中は黒髪が
無難です。

ポイント③ ワックスなどのスタイリング剤で清潔感を出す

ポイント③ ワックスなどのスタイリング剤で清潔感を出す

就活中の場合は、おしゃれさをだすためではななく、清潔感をアピールするために、ワックスも控えめに使用しましょう。
ワックスは種類によって出せる質感が全く違います。
すっきり清潔感を出すために使うという認識でOKです。
前髪などをあげるときは、髪の毛が落ちてこないようにある程度ワックスで固めてしまうのがおすすめです。

ポイント④ 襟足はスーツの襟にかからないくらい

ポイント④ 襟足はスーツの襟にかからないくらい

まず、長い襟足はビジネスシーンには不向きです。
就活中は、ワイシャツのカラーにかからない長さを目安に短くすることがおすすめです。
正面から見たときに襟足が見えないことが目安です。
また襟足は生え癖が出やすい部分なのでぃくせ毛の人は短めにカットするのがいいでしょう。

最後に

最後に

今回は、就活をするうえで大事なメンズヘアスタイルのポイントをご紹介しましたが、
最終的に何よりも清潔感が大切ということです。
社会人として働く準備ができていると判断される人が内定にぐっと近づくポイントかもしれません。

また、ごく短時間の面接の中で、見た目の印象はとても大きなポイントです。
これは、就活に限らず社会人として働く様々な場面で大事になってきます。

また、スーツに合う髪型といえば、なかなかイメージしづらいかもしれませんが、今回紹介した内容を参考にしていただきながら、
自分の魅力を存分に高めて就活にのぞんでください。

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
私…ボブやめました。
 
小顔になれる♡前髪の大切なお話
 
新メニューの内容を詳しくご紹介♪
 
【重要】今話題沸騰のキラ水を、パーマや縮毛矯正とセットにしてみた!
 
【重要】話題沸騰中のキラ水!キラ水カラーのメリットとは?