COLUMN
ダメージ毛でもできる!?最新低温デジタルパーマ「デジキュア」

ダメージ毛でもできる!?最新低温デジタルパーマ「デジキュア」

今までとはパーマがかからなかった、かけっれなかった方必見!最新の「アルカリ0、弱酸性、低温処理」のデジタルパーマの紹介です!

2019年08月01日 更新

デジキュアがオススメの理由①「圧倒的時短」

デジキュアがオススメの理由①「圧倒的時短」

今までのデジタルパーマの概念を打ち崩す
30分~1時間を実現!

「時間がかかる」を解消し「お客様の時間を大切に」出来るようになりました!

デジキュアがオススメの理由②「圧倒的ダメージレス」

デジキュアがオススメの理由②「圧倒的ダメージレス」

トリートメントと同じレベルに配合された補修成分で柔らかいウェーブを作れます!

ワンカールからウェーブスタイルまで幅広く対応することが可能です!

ヨーロッパ&日本特許取得の「低温形状記憶」

ヨーロッパ&日本特許取得の「低温形状記憶」

1剤には「アニオン(マイナス)」トリートメント成分を、
2剤には「カチオン(プラス)」トリートメント成分をそれぞれに配合することで、髪の中でトリートメントが複合化!

「イオン・コンプレックス」作用を起こして補修効果を高め、トリートメント効果の持続性をアップさせます!!

「デジキュア」か「デジタルパーマ」で迷ったら

「デジキュア」か「デジタルパーマ」で迷ったら

デジキュアのアルカリ0、弱酸性、低温処理は画期的なのですが、
「縮毛矯正」との相性はあまりよくありません。。。
一度縮毛矯正をしている髪の毛はキューティクルが硬くなっている場合がほとんどなので、髪質、状態がかなりいい方はかかる方もいますが、
デジタルパーマをオススメすることもあります。

ハイライトカラー×デジキュアが可愛い!

ハイライトカラー×デジキュアが可愛い!

ハイライトカラーはやはりアルカリ0、弱酸性、低温処理のデジキュアがオススメです!

カラーの色持ちも普通のデジタルパーマより良くなりますし、ハイライトが入ってる髪はやっぱり動きがあった方が可愛いともいますし、ハイライトの良さが引き立つので今オススメです!

是非ご相談ください!

関連キーワード