COLUMN
最後の砦 アウトバストリートメント

最後の砦 アウトバストリートメント

ヘアケアは今色々なやり方や技術、商品に情報もたくさん出回っていてどうすればいいのかわからないという方もたくさんいらっしゃると思います。

そこで一番手軽にできるヘアケアといってもいいであろうアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)について書いていきます!

2019年06月15日 更新

アウトバストリートメントとは

アウトバストリートメントとは

トリートメントはそもそも髪内部の補修に使われるものです。

髪の内部に浸透していく保湿成分を配合しているものが多く基本的にはシャンプーの後に髪によくなじませ
洗い流すタイプが主流でした。

しかし最近ではシャンプー後、ドライヤーで乾かす前につけるこの洗い流さないトリートメントが増えてきて
従来のトリートメント効果+ドライヤーやヘアアイロンによる熱や乾燥から髪を守ってくれる効果があります。
それに香りも長続きするため香りで選ぶ方も多くいらっしゃいます。

アウトバストリートメントの選び方

アウトバストリートメントの選び方

洗い流さないトリートメントには大きく3種類のタイプがあります。
早速タイプ別に解説していきます!

・ミストタイプのアウトバストリートメント
ミストタイプ
ミストタイプのアウトバストリートメントメントは一番軽い使用感なのが特徴でオイルタイプの重さやミルクタイプよりも、もっと軽めの質感がいい方に向いています。
またドライヤーやヘアアイロンの前に髪になじませておくことで、熱によるダメージや乾燥を抑えてくれるものもあります。
やはり一番のメリットはべたつかない軽い使用感で、朝の寝癖直しやスタイリング剤を兼ねている商品もあるので朝の時間短縮や簡単なスタイリング効果が期待できます。
ただしダメージの補修効果や艶出しに関してはそこまで期待できず、保湿効果もミルクやオイルに比べると弱いため手軽に日常使いできるトリートメントとして使用するのがオススメです。

 ・ミルクタイプのアウトバストリートメント
ミルクタイプのアウトバストリートメントはミストタイプに比べてしっとりと保湿効果が高く、冬場の乾燥する時期やアイロン、ドライヤーによる熱ダメージにより水分がぬけパサついた髪をしっとりなめらかな仕上がりにしてくれます。
またこの後紹介するオイルタイプのアウトバストリートメントに比べてべたっとした感じがなく着け心地が良いです。
ただオイルタイプのように髪をコーティングして熱や乾燥から守ってくれる効果はやや弱く感じられます。
なのでミルクタイプのアウトバストリートメントは乾燥やパサつきで髪の毛が広がりやすい方やしっとり落ち着かせたい方にとてもオススメのトリートメントとなっております。

・オイルタイプのアウトバストリートメント
そしてオイルタイプのトリートメント、アウトバストリートメントとして一番定番なのがこのオイルタイプの商品です。
椿油など植物性のオイルを使用している場合も多く、敏感肌の方や肌トラブルをお持ちの方にも安心してお使いいただけるものが多く揃っています。
またキューティクルをオイルで覆ってくれるのでダメージが気になる方、枝毛や切れ毛に悩まされている方にもとても効果的で、乾燥防止や静電気防止等の効果もあるので基本的にどんな方でもお使いいただけるものになっております。
ただデメリットとしてべたついた質感やもともと髪の油分が多い方には少し合わないかもしれません。

オススメのアウトバストリートメント

オススメのアウトバストリートメント

oggiotto
通称魔法のシャンプーと呼ばれているこのオッジィオット。

実はアウトバストリートメントとしてミスト、ミルク、オイルのすべてのラインを取り揃えているのです。

お店で施術するオッジィオットのトリートメントとホームケアのアウトバストリートメントでさらに髪の毛をケアしいつまでも美しい髪を保ちましょう。

そのオッジィオットのラインナップはこちら↓↓

・セラムCMCミスト
ダメージを補修しながら髪に潤いと自然な艶を与え、軽やかでサラサラな質感に導きます

・セラムCMCミルキィ
ケラチン、キューティクル保護成分を配合、毛髪内部に素早く浸透します。マカダミアナッツ、ミツロウが
美しいツヤを与えしっとりとまとまりのある指通りの良い髪へ補修していきます。

・セラムCMCオイル
毛髪表面に必要な油分を与え、乾燥から髪を守り、使うたびにしなやかな毛髪に導きます。

何を使えばわからない、そんな方に

何を使えばわからない、そんな方に

このように数多くのアウトバストリートメントが世の中には出回っていますが、本当に自分に合ったものを選ばなければ肌トラブルの原因になってしまったり、思ったような効果が得られなかったりと残念な思いをしてしまうことがあるかもしれません。

ですのでちゃんと自分の髪質や体質を見極めて一番合ったアウトバストリートメントを選んであげることが重要になってきます。

もしどれが自分に合っているのかわからなければ一度お店に来ていただき、悩みや髪質を見せてもらえれば僕たちは必ず力になれると思いますので是非お気軽にご相談くださいませ。

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
自分史上最高の髪
 
縮毛矯正のあれこれ
 
髪が夏に受ける紫外線ダメージの真実
 
ミディアム~ロング向け簡単ヘアーアレンジ
 
「時間がないからセルフカラー」してないですか?