COLUMN
『トリートメント』 おすすめな理由と、おすすめしない理由。その理由とは?

『トリートメント』 おすすめな理由と、おすすめしない理由。その理由とは?

日常での髪の毛のケアで切り離せないのがトリートメント。
女性だけではなく、男性でも髪のダメージを気にされてる方もいるくらいです。

そこで今回はトリートメントについて、、

2018年09月20日 更新

「美容室のトリートメント」と「市販のトリートメント」の違いとは?

トリートメントと一言に言っても美容室でやるトリートメントと、ドラッグストアなどで手に入る市販品のトリートメントとありますよね?

「どう違うの?」という疑問は少なからずあるのではないでしょうか?

では、まず市販のトリートメントとは?


○市販品のトリートメント

→毛髪表面の一時的な保護がメイン。
成分のほとんどがコーティング成分なので、毛髪内部のダメージ補修力は弱く1日程度しかもたずダメージ補修にはなりません。

やった当日はコーティングでツルツルなので、ダメージ補修がされていると勘違いしやすいです。

さらに、水で流し続けるとコーティングがとれます。


〇美容室のトリートメント

→ 毛髪内部まで補修が可能。
同時に水分、油分を補給が可能なので、パサつきや広がりを抑えて髪の毛をしっとりまとめる効果があります。

+ 表面のコーティングもでき、毛髪内部まで栄養をいれるので効果は数週間あり毛髪補修の実感があります。
ちなみに、水で流し続けても指通りなど保てます

市販トリートメントと美容室トリートメント...まとめると?

☆ 市販トリートメント
①毛髪表面の一時的なコーティング(保護)をする。
②内部補修力は低い
③水で流し続けるとコーティングがとれる…長持ちしない


☆美容室トリートメント
①毛髪内部まで補修ができる
②表面のコーティングも可能
③効果は数週間あり
④水で流し続けても指通りの良さなど実感あり


美容室のトリートメントと、ドラッグストアなどである市販品のトリートメントの違いはお解り頂けたでしょうか?

夏の終わりにトリートメントが人気な理由とは?

夏の終わりにトリートメントが人気な理由とは?

夏の終わりのシーズンがくると、美容室でのトリートメントメニューをやる方が特に増えます。

それは何故かというと、
夏の紫外線、海水浴などでの髪の毛のダメージが影響します。

特に髪の毛は、紫外線で思った以上にダメージを受けています。

髪の毛は、20分紫外線に当たるとそれだけでヘアカラーを1回やったのと同等のダメージをうけると言われてます。
特に気になるのが、指通りの悪さや、髪のパサつきでは無いでしょうか?

紫外線によって、キューティクルもダメージしますし、髪の水分を保つ為に必要な油分など内部の成分も多く失われるからです。

そういう意味では、カラーリングするよりも紫外線のダメージの方がむしろ厄介…


美容室でのトリートメントメニューであれば、髪の内部の補修までしっかりできるので、夏に向けた髪のダメージもしっかりケアできます。


カラー、パーマのあとのトリートメントをすすめる理由とは?

カラー、パーマのあとのトリートメントをすすめる理由とは?

ヘアカラーやパーマのようなメニューをする際は美容師から「トリートメントはどうしますか?」など問われた経験は誰しもがあるかと思います。

では、何故カラーやパーマの後にトリートメントをすすめられるのでしょうか?


まず、
ヘアカラー、パーマなどのメニューは薬剤を使用して髪を染めたりカールを作ったりします。

その際、どうしても髪の毛に負担がかかってしまうものです。

特にカラーやパーマをした際に、毛髪はとても不安定でデリケートな状態ですので、ダメージが加速的に進行しやすいです。

キューティクルがはがれやすくなっていたり、毛髪内部の成分が流出してしまいやすい状態…

そういった施術時、施術後のダメージを最小限に抑えるために、美容室ではトリートメントをおすすめさせて頂いています。

ヘアカラーやパーマをする前日はトリートメントをしない方がいい??

ヘアカラーやパーマをする前日はトリートメントをしない方がいい??

髪のケアをしっかりされている方の中でも、カラーやパーマをする前日にもトリートメントでしっかりされてからくる方もいらっしゃることでしょう。




....が!


実はカラーやパーマをする際は特にそうなのですが、前日などにしっかりトリートメントケアをした状態というのは、あまり好ましくありません。


何故かといいますと...


①薬剤が反応しずらい事がある。
②髪の状態(ダメージ)がわかりづらくなる。

この2つの理由。


①薬剤が反応しずらい事がある。
→ 髪がコーティングされているとパーマやカラーで使用する薬剤が反応しずらくなります。


②髪の状態(ダメージ)がわかりづらくなる
→ 私たち美容師が、カラーやパーマ等の施術を行う際に重要にしていることの一つが、髪の状態です。

もとの髪の状態がどのくらいダメージしているのか?
それにより使用する薬剤をお客様一人一人の髪質や髪の状態に合わせて選定していきます。

ですが、トリートメントによってコーティングされていると元の髪の毛の状態が判断しずらくなってしまい適切な薬剤選定が行いにくくなります。

女性の肌に例えるのならば、"ファンデーションで地肌がわかりにくい"それと近いことです。

ですので、パーマやカラーのような髪の状態で左右されるメニューをする際は前日などにトリートメントでケアすることはおすすめしません。

まとめ

まとめ

美容室でのトリートメント。市販のトリートメント。
料金等の面も含めてで比較すると良し悪しあると思いますが、美容師からするとやはり市販品のものでの一時的なコーティングをするより、しっかりとしたケアをおすすめします。

もちろん、
トリートメントをやるタイミングなど注意する点もありますが、やるかやらないかではやる方が、良い髪の状態を持続出来ますし。

なにより、一人一人髪質や毛髪の状態など、個人違うものです。

そういった髪を見極めてお客様にあったトリートメントを選定できるのも美容室のトリートメントのメリットだと思います。


Ash 本八幡店でもお客様に合わせたトリートメントをサロンケア、ホームケアともにご提案させて頂きます。

髪のケアは是非お任せ下さい。

  • 再来
  • NO.229-1096
    シャンプー+カット+ヘッドスパorトリートメント
    ¥6,300¥4,800
    施術時間 60分
    利用条件 クーポン併用不可
    提示条件 予約時&受付時
    有効期限 2018年12月31日
    ※ランク料金(トップスタイリスト+¥1000/ディレクター+¥2000/クリエイティブディレクター+¥3000) ※指名料金(+¥500) 
    ※表示料金は全て税抜きです。(消費税は別途頂戴致します。)
  • このクーポンで
    WEB予約
  • このクーポンを印刷

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
秋冬に多いデジタルパーマ! かける前に1度は読んでみたいこと。
 
ダメージレス、透明感、外国人のような髪の色にしたい女性が選ぶ、今話題のヘアカラーとは?
 
あ! 白髪が出てきた! どうしよう...
 
えっ!? 紫外線が髪の毛にも大ダメージ!?
 
炭酸泉が美容室で活躍する訳!