COLUMN
水着に何とか間に合わせたい!「1か月集中」筋トレダイエットのやり方

水着に何とか間に合わせたい!「1か月集中」筋トレダイエットのやり方

気が付けば7月、海開きもすぐそこ。今年の夏、水着になる予定はありますか? せっかく水着を着るならば、引き締まった体カラダを手に入れて堂々と着こなしたいですよね。もともと脂肪の多い女性は、少しくらい筋トレをしたからといってアスリートのようになるわけではありません。むしろ代謝が上がり、痩せやすい体質となります。この夏、水着をかっこよく着こなすための「一か月集中筋トレダイエット」をご紹介します。

2018年07月05日 更新

おなかのたるみはスクワットとプランクが鍵

おなかのたるみはスクワットとプランクが鍵

最も多くの女性の悩みといえば、ぽっこりお腹のたるみではないでしょうか? お腹を引き締めるために腹筋運動に励む方も多いかもしれませんが、おすすめの筋トレ方法は、スクワットとプランクです。
スクワットは場所も取らず、簡単にできるエクササイズ。膝を曲げてかがんだ時に、つま先よりも前に出ないように注意し、お尻をうしろにぐっと引くようにします。

おなかにもしっかりと力を入れて、ゆっくり呼吸をしながら行います。腹筋よりもつらくないため、気軽にできます。歯磨きの途中、料理や掃除など家事の合間など、20回を3セットは1日のうちに行うようにしてみてください。
次にプランクですが、腕立て伏せのようにうつぶせになり、両手で体を持ち上げます。頭の先からかかとまで一直線になるように、おなかにぐっと力を入れ呼吸をして行います。
まずは10秒キープからはじめ、徐々にその長さを伸ばしていきましょう。すぐに両手で支えるのが難しい人は、まずはひじを床について行う体勢からはじめてみても良いです。テレビを見ているときや夜眠る前に、毎日かかさず行うことで体幹を鍛えることができます。

育てた筋肉を持続するために!日常の動作を少しだけ大げさに

スクワットとプランクで筋肉を育てていく過程で大切にしたいのは、その筋肉を持続させるために「こまめに使う」ことです。いつもエスカレーターを使う場面を少しずつ階段にしてみたり、意識的に歩く歩幅を広げたりと、毎日の動きを少し大げさにしてみましょういつもはしない床のふき掃除なども、筋トレの一環だと思って行えば一石二鳥ですよね。

筋トレは食事がとても肝心!たんぱく質の量をチェック

筋トレは食事がとても肝心!たんぱく質の量をチェック

いわずもがなですが、筋肉を作るのは食事からとるたんぱく質です。たんぱく質は、肉や魚はもちろん、卵、納豆や豆腐などの大豆製品、牛乳やチーズに多く含まれます。
《たんぱく質の目安》
鶏胸肉100gあたり:約20g 牛乳200mlあたり:約7g 卵Mサイズ:約7g 納豆1パックあたり:約7g

1日のうちに最低でも30gは摂取できるように、主な食品のたんぱく質量や製品パッケージをチェックするクセをつけていくと計算しやすいですね。

筋トレで筋肉を育て、日常生活で持続させ、食事もたんぱく質を意識する方法をご紹介しました。夏に引き締まったカラダを手に入れて、堂々と水着を着こなしてみてくださいね。

関連キーワード