COLUMN
縮毛矯正 失敗

縮毛矯正 失敗

縮毛矯正を失敗ししない為の3要素

1、髪の履歴
担当されてる美容師さんがいる方は大丈夫だと思うのですが、いない方自分の今ある髪の状態をどこまで把握しているか、これは縮毛矯正だけの話ではないのですが、、、

いつ何をしたかによって薬の使い分け、処理の仕方、最悪かかるかからないの話にもなります。担当者がいない初めてご来店されるお客様はざっくりでもいいので(できたら詳しく)素直に話していただけると助かります。


2、仕上がりイメージ
ナチュラル(自然な髪に見せたい)
ハード(まっすぐにしたい)

縮毛矯正をかけると髪が真っ直ぐになりますが、真っ直ぐすぎるのも嫌な方もいると思います薬剤も進化しています。薬剤とアイロンの通し方で自然に見せる事も可能になってきました担当の美容師さんと相談してイメージの仕上がりを共有しましょう。


3、アフターケア
トリートメントでたまに栄養を補給してあげることや、シャンプーの仕方、濡れたらちゃんと乾かしてあげるだけでも効果が違うと思います。


手で触っただけで状態が分かればいいのですがなかなかそれだけでは難しいので、お客様のご協力も必要という事です。(基本こちらの腕次第なんですけどね)

美容室をお探しの方、梅雨に入る前にぜひご来店お待ちしております。

目 次

2018年05月24日 更新

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
イルミナカラーが人気の理由は他のカラー剤と違う3つの特徴があった
 
縮毛矯正 周期
 
beautyclub NKYM
 
【スタイリング】自分でうまく出来ない!そんなキレイめロング女子に捧ぐパーフェクトブロー