COLUMN
失敗しない【縮毛矯正】のオーダー

失敗しない【縮毛矯正】のオーダー

だんだんと湿気が多くなってきて、梅雨がすぐそこまでやってきています。
日本人の髪質のほとんどが湿気で広がったり、ゴワついたり、うねったりします。
それを解決するのが【縮毛矯正】

2018年05月17日 更新

【縮毛矯正】で失敗してしまう原因

【縮毛矯正】で失敗してしまう原因

①セルフパーマ、セルフカラー
市販でストレートパーマ剤を買ってきて、ストレートアイロンを使ってくせ毛を伸ばすことは可能ですが、薬剤で髪の毛を柔らかくする時の時間の管理とストレートアイロンの適正な温度設定がないと難しいのです。
縮毛矯正で最も重要なこの2つをミスしてしまうと失敗する確率がグンと高くなってしまいます。

また、セルフカラーも後ろ髪が見えずにダメージ部分にムラが出来てしまいストレートのムラにつながってしまいます

②ハイダメージ
市販の薬を使って繰り返しのカラー、パーマ、数回のブリーチでのダメージ毛では失敗のリスクが高くなってしまいます

失敗しないオーダー

①どれくらいのばしたいのか
縮毛矯正は薬の種類や、アイロンのかけ方により、パキッとに真っ直ぐに仕上げる事もできますし、自然な内巻き、少し自分のクセを残して仕上げたいなどのさまざまなご要望にお応えする事が可能です。

②どの部分をのばしたいのか
全体のクセが強い方は全てをかけてもいいと思います。
でも、本当に全ての髪を1番強い薬で1番強く縮毛矯正をかける必要がありますか?
実は気になるのは前髪だけ、もみあげ、生え際だけがすごくクセが強い場合は部分縮毛矯正、くせが強い部分だけ強めの薬、など部分的に縮毛矯正を欠けることも可能です。
髪全体にかけるのか、部分的にかけるのか、はたまたクセの場所によって薬を変えるのか?

③髪の毛の履歴をしっかり伝える
ブリーチをしていたけど黒染めで暗くしている、など短いカウンセリング時間の中ですべて聞き出すのはとても難しく、一年前のブリーチでも毛先部分に残っていて、そこだけダメージでチリチリになってしまうこともあるのでしっかりと伝えることで失敗のリスクもグンっと減ります。

くせ毛の種類

くせ毛の種類

くせ毛には大きく分けて4種類のくせのタイプがあります。
①波状毛
波状にうねって、カールしているくせ毛のことで、日本人のくせ毛の人には、このタイプがもっとも多いといわれています。
捻転毛
髪が縄のようにねじれた状態の毛髪を指します。 ねじれた部分が折れて切れやすいため、切れ毛や髪のパサつきが目立つ場合もあります。

連球毛
日本人にはあまり見られないタイプのくせ毛です。1本の髪の中で、太い部分と細い部分が分散していて、ところどころが数珠のような玉状になっているのが特徴。

縮毛
細かく縮れたくせ毛のことで、日本人には比較的少ないタイプです。

最後に

どの部分を、どれくらい伸ばしたいのか、髪の毛の履歴をしっかりと伝えて綺麗な縮毛矯正で梅雨を乗り切りましょう!

また、Ash都立大学ではダメージレスで艶感、質感UP、ブリーチ毛にも縮毛矯正をかけることができるプレミアムなストレート剤もあります。

相談だけでも大丈夫ですので、是非一度お越しください。

  • 新規
  • NO.101-13768
    【くせ毛でお悩みの方人気No,1】縮毛矯正+カット
    ¥17,800¥8,400
    施術時間 180分
    利用条件 ご来店の際にこちらのクーポンをご提示ください
    提示条件 予約時&受付時
    有効期限 2018年08月31日
    ■新規の方限定
    ■個人指名料¥500 別途
    ■ロング料金(+¥500~¥2000)
    ※縮毛矯正ハード+¥2000
    ※表示価格は全て税抜です(消費税は別途頂戴致します)
    ※ランク料金別途(トップスタイリスト+¥1000/ディレクター+¥2000/クリエイティブディレクター+¥3000)※
  • このクーポンで
    WEB予約
  • このクーポンを印刷

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
ミディアム~ロング向け簡単ヘアーアレンジ
 
「時間がないからセルフカラー」してないですか?
 
前髪が割れやすい方必見!!簡単前髪スタイリング!!