Meamory

困った時の振袖Q&A

当日困った時のプチアドバイスです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Q1締め付けが苦しいとき
苦しい時は、帯の下部を下に引き、上部に余裕を持たせてみてください。みぞおちの締め付けが解消されるので、だいぶ楽になります。実はこれをすることで帯の下部が体に沿って美しいシルエットになり、着姿を美しくする見せる効果もあるんです!

Q2襟元が着崩れたとき
衿がたるんでしまったら、たるんだ部分を写真のように引き、帯上部分の裏側にある紐を入れこむだけできれいな襟元になります。簡単にできるので、たるんでしまった時にはささっと直してみてください!

Q3おはしょりが着崩れたとき
おはしょりが崩れてしまったら、おはしょりの下側に手を入れて両手で左右に引いて帯の内側におはしょりを入れ込んでゆるみを直します。

Q4長襦袢の振りが出てしまったとき
長襦袢の振りが出てしまった時は、長襦袢と振り袖の振りとを合わせて、袖の一番奥の角に手を入れます。それでも出てしまう場合、コインをティッシュペーパーなどで包み、長襦袢の袂に入れてください。

Q5着物に何かこぼしてしまったとき
着物に何かこぼしてしまったときは、すぐに乾いた布で、できるだけ広げないようにふき取りましょう。濡れたふきんなどで無理に拭こうとすると、かえって落ちにくくなる場合があります。そしてお着物を脱いだらすぐに、クリーニング店にご相談下さい。

Q6当日、雨が降ってしまったとき
当日が雨で足元が悪い時は、少し大げさな内またで歩くと泥はねをある程度防ぐ事ができます。小さな歩幅でつま先に力を入れて歩くようなイメージで。脱いだらできるだけ早めにクリーニングに出す事をお勧めします。