COLUMN
 

大人気!【ボブ】どうオーダーすれば本当に似合う?

相変わらず人気の高いボブ。担当美容師さんに聞くと『似合わない人なんていないよ〜』って言われるけどホント?

2016年09月05日 更新

まず知ろうボブの三大テッパン!

まずボブの違いを知る。
え?何が違うの?
と思う方もいるでしょう。それはアウトラインの違い。

①前下がりボブの場合

①前下がりボブの場合

前から後ろにかけてシルエットがあがっていくタイプの【ボブ】
この場合、後頭部のボリュームをはっきりさせる事で女性としての品性や知性を際立たせます。その他に(しっかりした・凛とした)そんなイメージを持たせます。
お仕事の場や何か人生で大事なシーンに出会ったときに選択してみるのもいかがでしょう?

②前上がりボブの場合

②前上がりボブの場合

後ろから前に上がっていくタイプの【ボブ】
後ろに重さがあり、前にあがるにつれ、全体の丸みや柔らかい印象を持たせます。少し幼く見せる事から大体5〜7歳前後若くみえます=͟͟͞͞( •̀д•́)))
ふんわり感や柔らかさといった女性像を求める方には是非オススメ٩( *˙0˙*)۶

③ワンレンボブの場合

③ワンレンボブの場合

アウトラインが後ろも前も同じ長さでそろっている【ボブ】
前上がりボブよりも幼くみえる印象。
ただ、この場合アゴ下〜肩の間で印象が子供っぽくみえるか大人っぽくみえるか大幅に変わります٩( *˙0˙*)۶
長さを決める場合はどう見られたいのか一番慎重に決めた方がいいスタイル。

まとめ。

まとめ。

いかがでしたか?
ボブの3大要素!
もちろんコレだけとは限らないのですが...
ぜひ皆さんのヘアライフがより【自分らしく】ありますように...

このコラムのライター

関連キーワード

関連するコラム

 
外国人風イルミナカラーの艶の秘密
 
憧れの最旬スタイルはスタイリングで簡単にできちゃいます♪
 
【髪の乾燥が気になる方必見!!】700円以下で買えるホームケアトリートメント
 
今季オススメデジタルパーマ!
 
髪が増える・白髪が減る!凄い美容液