COLUMN
人の印象は髪型、服装、メイクで変わる!Ashでトップクラスの美容師が似合わせについて解説

人の印象は髪型、服装、メイクで変わる!Ashでトップクラスの美容師が似合わせについて解説

自分がやりたい髪型。自分に似合う髪型。
髪型を選ぶ上で、失敗しない髪型選びの法則。
なぜ似合う?なぜ似合わない?を徹底分析!

2016年08月26日 更新

ゆるふわカールはフェミニンスタイルの定番‼︎

ゆるふわカールはフェミニンスタイルの定番‼︎

今回、同じモデルさんに協力してもらい、髪型、メイク、ファッションでどのようなイメージになるのかについて書きたいと思います。
まずはゆるふわカールのフェミニンスタイルです。特徴としてカールがやわらかく、ふんわりとしたイメージで、質感もあまりウェットな感じではなく、どちらかと言うと自然な、作りすぎて無いカールが特徴です。シルエットはやや丸く作り、おでこもあまり出さないでおくとgood‼︎
その髪型に合わせて洋服もライトトーンの明るい感じ、メイクもナチュラル。女性らしさを強調したい時にオススメです‼︎

カジュアルダウン!脱フェミニンスタイル‼︎

カジュアルダウン!脱フェミニンスタイル‼︎

次のスタイルは、フェミニンスタイルにある事を付け加えただけで、巻き方を変えたわけでもありません。
それは仕上げにつけるスタイリング剤‼︎
先ほどのフェミニンスタイルでは自然なカール、ナチュラルな質感でしたが、今度は艶の出るスタイリング剤をつけ、今流行りの『セミウェット』に仕上げてみました。
特徴としてはスタイリング剤を付けることで、束感がやや強調され、シルエットも少しタイトに。フェミニンスタイルとは違い、柔らかさは無くなりますので、
『可愛い』⇨『カッコイイ』よりに変わります。どうでしょうか?
イメージがしづらい方、想像してください‼︎

短髪の男性でWaxをつけて無い自然に下ろしてる髪型とジェルでしっかり固めてる髪型。

印象としてはジェルでキチッとスタイリングされている方が、どちらかと言うと印象はカッコイイと思う方が多いでしょう‼︎

男性で例えると分かりやすいですね‼︎

ここで分かるのが、やわらかく見えるスタイルの印象としては可愛いなど、女性らしさが強調されやすいです。
逆に、まとまりがあって動きもあるようなスタイルはどちらかと言うとカッコイイ、クールなどの印象を与えやすいです。

そこにプラスでカジュアルな洋服を選べば、よりカジュアルダウンした印象を与えます‼︎

ヘアーとファッションのバランスは大事ですね‼︎

『女性』より『女の子』の言葉が似合うガーリーウェーブ‼︎

『女性』より『女の子』の言葉が似合うガーリーウェーブ‼︎

続いて、フェミニンスタイルによりもっと可愛いを強調した可愛いの最上級のガーリースタイルです。
最近『大人可愛い』の言葉をよく耳にしますが、大人可愛いとは、大人の女性が大人っぽさに、可愛らしさを足したスタイルですが、ガーリーは大人の雰囲気をおさえ、可愛らしさを強調したスタイルです。
特徴ととしては髪の毛にストレートタッチの質感がより少なく、バングを含め全体のカール感が強めです。カール感と言ってもスパイラルの様な直線的なカールでは無く、横に大きく揺れる様なカールが特徴です。
シルエットも全体的に丸さがあり、髪の毛がふわふわしてる印象を与えてくれます。
それに合わせたリボンのついた洋服を着る事でさらに『ガーリー』が強調されています‼︎

可愛いにも色々な雰囲気の可愛いがありますね‼︎

アップバングの無造作ウェーブでカッコよくセクシーに‼︎

アップバングの無造作ウェーブでカッコよくセクシーに‼︎

最後のスタイルはガーリースタイルの様な横に大きく揺れるウェーブでは無く、どちらかと言うと直線的なウェーブが特徴です。
ガーリースタイルに少しウェット系のWaxをつけて横に大きく揺れるカールを引っ張る様にスタイリングしただけです。それだけでガーリーとは真逆の雰囲気を出せるのにはもう1つポイントがあります。
それは『前髪』です‼︎
そう、今度は前髪をあげておでこを出しました。

なぜか?

それはシルエットをなるべく縦長に見せたいからです‼︎

ここでおさらいですが、シルエットが丸く見えれば見えるほど、印象としては『可愛い』『女性らしい』『幼い』など様々な印象を与えます。
よく『前髪を作ると若く見える』という事を聞くと思いますが、それはなぜか?
それは前髪を作ることによりお顔の見え方が丸く見えるからです。それにプラス髪型を丸いシルエットにすると先ほどの様な印象を与えやすいです。
その逆で縦長に見せることにより、『カッコイイ』『クール』『大人っぽい』などの印象を与えやすいでので、前髪をあげておでこを出し、お顔を縦長に見せ、シルエットも縦長に見える様に、横に揺れるカールでは無く、直線的に見える様なカールに変え、カッコよく、クールな大人っぽい雰囲気に変えていきました‼︎
それにプラス暗めのファッションでよりクールを強調。

まとめ

まとめ

今回、このように同じ人でも髪型やファッション、メイクで印象は変わることがわかりました。
そこで自分がやりたい髪型と、似合う髪型について書きます。

まず似合う髪型とは、自分の個性をいかし、もともとの骨格や髪質を最大限に活用できる髪型です。
しかし個性と言うのは人によっては『コンプレックス』に思っている方も多く、丸顔だからそれを隠したい。
面長だから丸く見せたい。など逆のイメージにしたいという方が多いように感じます。

それが自分がやりたい、なってみたい髪型。理想としている髪型です。

ではいつも童顔に見られる方が大人っぽく見せられないのか?
逆に大人に見られる方が幼くみせられないのか?
結果はどちらも出来ます。
それは可愛く見える法則、綺麗に見える法則をちゃんと理解してカットなどの施術やスタイリングさえできればコンプレックスを補うことは可能です。
個性をいかす個性美やコンプレックスを補うカットをするために、我々美容師は日々勉強しております。

いかがでしょうか?

今回は動きのあるスタイルの質感やシルエット、ファッションの違いでどういった印象になるかで検証しました。

白楽店 浅利

このコラムのライター

関連するコラム

 
【紫外線対策】気付かぬ間に紫外線で髪のダメージ受けてます!!髪への対策どうすればいいの・・・?
 
美しい髪を手に入れるシャンプー法
 
【炭酸泉】頭皮トラブルに炭酸泉をオススメする理由
 
くせ毛をまとまりやすくする縮毛矯正とは!?
 
【縮毛矯正】で絶対注意すべき3つのオーダーの仕方!!