COLUMN
クマの色で見分ける!茶クマ、青クマを撃退するメイク術

クマの色で見分ける!茶クマ、青クマを撃退するメイク術

寝不足や疲れがたまってしまった日々、ふと鏡を見ると目元にくっきりとクマが…!
そんな経験はありませんか?
実はこの「目のクマ」には種類があって、その原因と対策方法が違っているのです。

今回はそんなクマの種類と対策法について、詳しく説明します。

2017年04月24日 更新

コンシーラーを塗るのはファンデのタイプによって違う

コンシーラーを塗るのはファンデのタイプによって違う

クマ撃退の有力アイテムといえば、コンシーラー。
しかしこのコンシーラーを使うタイミングを間違えてしまうと、クマの部分だけメイクが浮いてしまう可能性もあります。
リキッドやクリームタイプのファンデーションの場合は、その後にコンシーラーでカバーして、
仕上げに薄いフェイスパウダー(粉おしろい)を軽くのせる程度でOKです。

パウダータイプのファンデーションを使っている人は、その前にコンシーラーでカバーしましょう。
共通しているのは、パウダーの後にコンシーラーを使わないということですね。

筆ペンタイプのものだと、クマの線にそってなぞり、軽くポンポンと馴染ませるだけなので、簡単に失敗なく塗ることができますよ。

寝不足や疲れでくっきり表われる「青クマ」は暖色系コンシーラーを

寝不足で目の下に薄紫や青っぽくできるクマは、血行不良が原因。
皮膚の下の血管が浮き出てしまっている状態ですね。
そんな青っぽいクマには、オレンジなどの暖色系のコンシーラーで対策しましょう。
メイク前にホットタオルをのせたり、目の周りを手のひらの温感で優しくマッサージするのも効果的です。

摩擦やメイク跡の「茶クマ」はイエロー系コンシーラーを

目をこすってしまうクセのある人や、メイクが完全に落としきれていない人は、目の周りの皮膚表面で色素沈着を起こして、茶色く見えるクマになっていることがあります。

茶クマの特徴は、青クマとは違い肌表面で起こっていることなので、クマの近くの皮膚を軽く引っ張るとクマも動きます。

この茶クマには、イエロー系のコンシーラーを選びましょう。

また茶クマを根本的に解決する方法として、目の周りに刺激を与えることを避け、
アイメイクは専用のメイクリムーバーで、こすらずに落とすようにしましょう。

多くの女性を悩ませてしまう、目のクマ。その対策方法は、血行不良による青クマなのか、色素沈着による茶クマなのかで変わってくることを説明しました。

自分のクマの状況を知って、正しいケアとメイクにトライしてみてくださいね!

関連キーワード

関連するコラム

 
いつものメイクじゃつまらない!夏の華やかメイクで写真映えアップ
 
梅雨のイヤなメイク崩れを防ぐ3つのポイントとは
 
春メイクのうるつやベースメイクは、3つのポイントにあり♪
 
眉毛カットで、イケメンレベルアップ!